【宿主の徒然日記】

最近の記事

ブログランキング

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

木島平コブ滑走訓練所
初心者向けスキー指導本?
今日は久しぶりにツタヤに行ってみました。
スキーをしない日であっても、やはり頭の中はスキー。
スポーツ書籍コーナーで足を止めて、いろいろ手にとって眺めていました。

そこに

DVDでうまくなる! スキー初中級レッスン

スキーを始めたばかりの人に向けての指導書と見えて、スキーの装着方法や、構え方、持ち方など、手取り足取り丁寧に書かれています。
先日購入した木村公宣の初心者指導書と同等のコンセプトと見えました。

しかし、ページをめくってみますと、そこに書かれている内容は木村氏の著書とは大きく違っていて、


ハの字にして、曲がりたい方向の足(内足)に体重をかけると、外足のエッジが立って、曲がれるようになる。

と書かれています。

その一方で、次のページには「外足に体重をかけて曲がる方法もある」とまじめに書かれています。

どっちなんだよ??

初心者はきっと混乱することでしょう。

そもそも、操作方法としてはこの二つの手法は全く別物であり、初心者向け指導書としてあるまじき内容に愕然とさせられました。


そもそも、なぜ初心者がプルークボーゲンをするのか?

それは、いつ何時も、重心 移動することなく、両スキーのインエッジしか使わないからです。
そのインエッジは「ブレーキ」と「ターン」の二つの運動を一石二鳥に受け持っていて、怖さを感じることなく、スキー操作を体得することができるものです。

ある時はブレーキ。
ある時はターン。
はの字にしてエッジを利かせてさえいれば、何でも出来てしまうのです。


初心者に対して実験すれば明らかですが、内足に乗っかって、外スキーを角付けだけで回していくなど、とても怖くてできたものではありません。
初心者レッスンをする上でよくある症例に「カタハン」という現象があります。
両足を均等に開いているにもかかわらず、片方の足では雪面を削り、もう片方はただひたすら直進するというものです。

つまり角付けをしただけでは、スキーは曲がらない

ということを証明してくれています。

なのに、内足に体重を乗せさえるすれば外スキーは角が立って曲がっていくとは、なんとも切ない限りの指導理論であります。


ゲレンデをまっすぐ横切って移動するとき、いったいどんな操作を行うのでしょうか??
外足に乗せて滑りませんかね?

ゲレンデを横切るときは外足
曲がるときは内足
ブレーキの時は外足

初心者にそんな複雑な使い分けができるはずもなく、いかにも頭でっかちな素人が考え出した指導法といえましょう。
もちろんスキーに慣れてくれば、より回転性能を簡単に引き出すために、そうした滑り方もOKだとは思うのですが、初心者向け指導としてはかなり無理があると言えます。

教程では「はじめからパラレルを体得することになるのです」と大真面目に書かれていますが、そんなこと出来る訳がありません。

第一、もしこの方法が本当に効果的であるならば、全国各地で行われているスキー修学旅行での指導も同様の方法が採択されているはずですが、私の知る限り、いきなりこんな方法で教える人など、ほとんど存在しません。

ですが、木島平でも昨年、初心者の中学生に内足に乗っかって曲がって行けと指導したイントラが、たまたま傍を通りかかったスキー好きの先生に「それは違うだろ!」と食いつかれた一幕もあったとか、なかったとか。(笑)

まあいずれにせよ、プルークボーゲンなしでいきなり体重移動ができる人など、まさか存在するはずもなく、この本が初中級者向けの入門書であることを疑いました。

とにかく、こんな無用の論争には早く終止符を打ちたいものです。(笑)


タダでは帰しません!!宿主直伝・コブ漬け5DAYS CAMP
日時:3月15日~20日(5泊10食)30,000円

ブログランキングに参加中★
熱血スキーヤーの応援をよろしくお願いいたします!
↓ ↓ ↓ ↓
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
なるほどですね
おっしゃるとおりかもしれません。

ただ、どちらが初心者にとってやり易いかということを考えた場合、やはり外足に重きを置いたほうが、
導入としてはずっと簡単かとは思うのですネ。

まあ、いずれにしても、たわませること無しに、角付けだけでスキーを回転させることは極めて難題であることは間違いないようで。。。。(笑)
【2013/02/23 23:27】 URL | miyukinod #- [ 編集]


初めてコメントさせて頂きます。
>>どっちなんだよ??...初心者はきっと混乱することでしょう。
...って、木村公宣氏の本のstep2とstep3の関係だって同じことだと思うのですが...。
【2013/02/23 00:26】 URL | ひでたま #wLMIWoss [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


プロフィール












★早割受付中★

コブが滑れないと悩むスキーヤーの駆け込み寺・木島平コブ滑走訓練所所長兼「みゆきの杜ユースホステル」宿主の中村英孝です!
自らの上達過程を経験のみでご指導申し上げる画期的コブ専門教習所です。
冬以外もアウトドアメニュー満載の豊富なイベント情報はこちらからどうぞ。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

木島平スキー場公式サイト

Author:miyukinod

カテゴリー

リンク